StayBlueメルマガより/東北の心をこめた『ものづくり』 被災地の様子を商品とともにご紹介させてください。





無題ドキュメント



mail magazine No,006



こんばんは。StayBlue For Japan【復興デパートメント】 鈴木です。
今日も東北の商品を中心にご紹介させて頂きます。

今日の話題です。

【1】いよいよ開催がせまってまいりました、ツール・ド・東北

オフィシャルグッツを押切沼の仮設住宅に住むお母さん達と製作しました。
一点一点、丁寧にミシンで縫製されてます。

※ツール・ド・東北とは
東日本大震災の復興支援および、震災の記憶を未来に残していくことを目的に、
石巻市、女川町、南三陸町を舞台に自転車で走るイベント。

Hiyuca×石巻縫物舎 ツール・ド・東北
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-tt01.html

 

【2】福島県相馬市に遊び場を建設するプロジェクト

福島県相馬市に建設する屋内型の遊び場を建設する費用に寄付するプロジェクト
『TOHOKUみんなのGOOD』を復興デパートメントとHiyucaで製作しました。

Hiyuca×TOHOKUみんなのGOODS×復興デパートメント
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag06-01.html

 

【3】NPO法人「輝くなかまチャレンジド」さんとの協業です。

宮城県石巻市にNPO法人「輝くなかまチャレンジド」が運営するさをり織りを中心とした
『地域活動支援センターこころ・さをり』。

身体障害者や知的障害者など社会的に弱い立場の人々が、「自分らしく」「人間らしく」
「楽しく」生き、働く場としての『さをり織り』

Hiyuca(ヒユカ)×こころ・さをり新作ポーチが完成しました!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-acc10.html

 

【4】facebookページ『いいね!』で応援してくださいm(_ _)m

▼新作情報はフェイスブックでもご案内しております。
ぜひ、「いいね!」で応援してください。
http://srd.yahoo.jp/fpl/stayblue

 

Hiyuca×石巻縫物舎 ツール・ド・東北

東日本大震災の復興支援および、震災の記憶を未来に残していくことを目的に、石巻市、女川町、南三陸町を舞台にした「ツール・ド・東北 」のオフィシャルグッツ。
石巻発のブランドhiyucaがデザインを担当し石巻のクリームユナイテッドでプリントされ、押切沼の仮設住宅内にある石巻縫物舎に縫い上げられた
Made in Ishinomakiのサコッシュ。

サコッシュとは補給ポイントにさしかかるとチームのサポートがレーサーに渡し
ている、補給食や水筒などの補給物資が入っている、簡易ショルダーバッグのこと。
補給後には沿道で応援する観客のお土産になるような本当にシンプルなバッグです。
薄手のシャツ生地で作られております。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-tt01.html

Hiyuca×TOHOKUみんなのGOODS×復興デパートメント

福島県相馬市に建設する屋内型の遊び場を建設する費用に寄付するプロジェクト『TOHOKUみんなのGOOD』を復興デパートメントとHiyucaで製作しました。こちらの素材は福島の貴重な刺し子織りが使用された限定モデルになります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag06-01.html


Hiyuca レザーフラップショルダーバッグ

上でご紹介したバッグと同型のHiyucaオリジナルモデル。
こだわり抜かれた素材を国内の職人が一点一点丁寧な仕事で手間暇を惜しまず作り上げました。

革本来の自然な風合いが魅力の牛革を厳選し8号帆布とバランスの取れた掛け合わせでミックスすることで異素材がよりナチュラルに調和しそれぞれの持ち味が引き立ちます。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag04.html

Hiyuca(ヒユカ)×こころ・さをり
新作ポーチが完成しました!

宮城県石巻市にNPO法人「輝くなかまチャレンジド」が運営するさをり織りを中心とした『地域活動支援センターこころ・さをり』。
身体障害者や知的障害者など社会的に弱い立場の人々が、「自分らしく」「人間らしく」「楽しく」生き、働く場としての『さをり織り』を中心として「小規模作業所こころ・さをり」を立ち上げ、その製作活動を通して社会参画を目指し,福祉の向上に寄与することを目的としています。

hiyuca×こころ・さをりの製品について
この商品の売り上げの約30%が障害を持つ織り手さんの賃金として。
そして約6%をこの活動を維持する為にNPO法人「輝くなかまチャレンジド」に寄付金として支払われます。
NPO法人「輝くなかまチャレンジド」様との継続的なモノ作りを通じて、
これからもhiyucaは少しでも地域社会に貢献できるような取組みを行ってまいります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-acc10.html

Hiyuca

ものを作ること、デザインすることで少しでも社会に貢献していきたい。 東日本大震災で被災した石巻市を中心にした、もの作り企業やデザイナーの
協力を得てスタートさせた。コンセプトは「出会いから始まるもの作り」「もの語りのあるもの作り」
震災やもの作りを通じて出会えた沢山の人達とコラボレーションし形にしていく。

Hiyucaデイリートート

風により船の推進力を得るための帆を起源とし使われ続けてきた帆布。昔ながら頑丈な素材としてテントやトラックのシートや日よけとして使われて続けてきました。
それに変わる新素材としても注目される過酷な自然状況下においても耐水性・引裂・摩擦に強いターポリン。
昔ながらのもの、新しいものを組み合わせ可能性を探るhiyucaのブランドコンセプトに通じるアイテムが完成しました。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag02.html

Hiyucaデイリートート
男性も女性も使えるニューカラーが登場!
汚れてもさっと拭き落とせる人気の白いターポリンの底は共通です。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag04.html

Hiyuca(ヒユカ)×石巻縫物舎

被災地の仮設住宅に暮らす住民が「ミシンと手仕事で少しでも前向きな生活を送りたいと立ち上げた」と立ち上げたプロジェクト。それが宮城県石巻市の「石巻縫物舎」。
2011年3月11日の東日本大震災。復興がなかなか進まない状況の中、「仮設住宅の数会場で自立に向けてなにかやろう」という声から生まれた物づくり活動。
一歩一歩着実な歩みを遂げながら東北の元気を発信している。 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag03.html

Hiyuca 三陸クロストート

売切れが続いておりましたクロストートが入荷しました。
常に予約販売のみとなってしまっておりご迷惑をお掛けしておりますが
只今、即納可能です。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-bag01.html

Hiyuca 復興レザーブレスレット

発売直後より完売となっておりましたレザーブレスレットが再入荷しましたが在庫が少なくなってきております。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stayblue/hiyuca-acc05.html

 

▼福島のいい商品を買って福島県相馬市に建設する屋内型の遊び場を建設するプロジェクト

▼売切れの続いていた「ぷくいろピアス」がアップデートして再入荷してます。



About ステイブルー株式会社

1999年創業//セレクトショップ(レイダース、StayBlue他)、ECサイトの企画・運営・デザイン・代行。自社ブランドHyuca、Life is ARTなどを行う。