レイダースでのLevi’s Vintage Clothing【LVC】の取扱いが再開してます!

僕らの大好きなカリフォルニアの大御所です。
.
10年ぶりくらいにレイダースでのLevi’s Vintage Clothing【LVC】の取扱いが再開してます。
取扱いに厳しい規制が入り取扱いできる店舗が限られているLVC。
もちろん、当店は正規販売店になります。
.
150年以上に亘るリーバイスの歴史の中で培われた、各年代を代表するヴィンテージモデルを忠実に再現し、素材やシルエット、加工技術を徹底的に追求したエクスクルーシブライン『Levi’s Vintage Clothing(リーバイス・ビンテージ・クロージング)』。 2010年春より、グローバルプロダクトとして始動。過去の501を始めとした「Made In USA」シリーズに力を入れ、当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻を命題に今までにないほどの力強いメッセージを打ち出します。
.
.
今回入荷した1947年モデル501は、1930年代モデルと大戦モデルの特徴を兼ね合わせたモデル。いわば、物語に富んだ歴史と、明るい未来の両方を内包したモデル
.
.
第二次世界大戦の終結によって厳しい物資統制が解かれ、再び素材が手に入るようになり501もようやく本来の姿で市場に復帰します。
リーバイスは、高まる戦後需要に応えるべく、ふたたび生産量を増やしていった。
.
最大の特徴はリーバイスの象徴であるアーキュエットステッチの復活。
シンチやサスペンダーボタンといった付属的ディテールのない、よりスリムなフィットは、まさにロックンロール世代のためのモデルだった。
.
戦時中に取り除かれていたウォッチポケットのリベットも再び打ち込まれるようになり、ペンキで描かれていたアーキュエットもステッチに戻された。
.
このモデルからは2本針式の機械が導入され、1本針式の時代に生じていた機械の性能差や、縫製工の技術差に影響を受けることなく、リーバイスの信頼の証である『ダイアモンドシェイプ』と呼ばれる新しい仕様で、このモデルに初めて装備されました。
同時に本革製のレザーパッチは、第二次世界大戦に使われていたS501XXから「S」(simplified:簡略化)が外され、ボタンも月桂樹柄のオープントップ型からリーバイスのフルオリジナルである社名入り刻印のものに戻り、ウォッチポケットのリベットも返り咲きました
逆にバックストラップやクロッチリベット(股下)は、この時代にはもう必要とされなくなったため省略されたままになりました。
.
その仕様を再現した501 1947モデルは、他にも隠しリベットや片面のみにビッグEが刺繍されたレッドタブ等を忠実に再現し、当時ならではのディテールを細部に渡って楽しむ事ができます。
大文字の”E”が入ったレッドタブは商標登録されていたため、戦時中も省かれることはなかった。生地には、コーンミルズ社製のレッドセルベッジ デニムを使用。
1947年モデル501® は、ストレート レッグのクラシックなスリムフィット。
.
.
▼501XX 1947年モデル オンラインストアはこちら
https://www.raider-s.com/
.

About TakamuneSuzuki

みなさま元気ですか~?いつもお世話になってます。ステイブルーの鈴木です。 最近、流行に乗ってインスタはじめました。フォローお願いします。 https://www.instagram.com/stayblue.co.jp/